深田恭子と松山ケンイチ主演で、コーポラディブハウスに住む4組の家族たちの日々を描いたドラマ「隣の家族は青く見える」。

それぞれの家族たちが、ご近所づきあいをしながら日々を暮らす姿を見るのも楽しみなのですが、とても、気になることがあります!

 

コーポラディブハウスという住宅です。

ドラマでは隣接したそれぞれの家族の住宅スペースと、中央にある共同スペースのある大きな家ですね♪

 

コーポラディブハウスって実在するのでしょうか?どんな人が住んでいるんでしょう?

とても気になります!

 

そこで、この記事では「隣の家族は青く見える」のコーポラディブハウスについて調べてみることにしました。



「隣の家族は青く見える」のコーポラディブハウスとは?

ドラマの中では、4組の家族がそれぞれ住みたい家の構想を出し合って建築家と一緒にコーポラディブハウスを作っていましたね。

コーポラディブハウスとは簡単に言うと、住宅の共同購入です!

 

コーポラティブ Cooperative と言う言葉には、”共同の“”組合の“と意味があるそうです。

食料品や日用品を共同購入して安く会員に領布する仕組みがコーポラティブ。

 

つまり、生協、コープと同じ仕組みの住宅購入の方法、ということですね♪

組合を作って、住宅を共同で建設することによって手に入れる仕組みだから住宅の共同購入ということになるのですね。

コーポラディブハウスは実在する?

コーポラティブハウス と言う言葉を検索してみたところ、コーポラティブハウスを作っている会社が出てきました。

コーポラティブハウスは実在します!

 

こちらは、実際にコーポラティブハウスを作っている会社の一つなのですが、特徴をまとめてみると、

 

・共同住宅でありながら戸建注文住宅のように専任の建築家やコーディネーターと一緒に、ご家族で理想の住まいやライフスタイルについて、語り合い世界に
一つのオリジナルプランを創りあげていく新しいスタイル

・入居前に共同住宅のルール作りなど皆で集まり決めていく機会が数回あり、
自然と交流が始まり、節度ある爽やかなご近所づきあいが期待できる。

 

と、いうことでした。

ドラマの中のコーポラディハウスそのものですね(゚∀゜)

 

現在のところ、実在のコーポラティブハウスはあるのですが、全国展開までには至っていないようです。

東京、大阪、名古屋などの都会を中心に展開されています。



コーポラティブハウスにはどんな人が住んでいるの?

実際のコーポラティブハウスにはどんな人が住んでいるのでしょう。

こちらの住宅会社では、ブロジェクトを設定して募集していますね!

⇒http://www.archinet.co.jp/p/20021292/digest.html

 

住宅を選ぶ手段の一つとして、コーポラティブハウスがあるということですね。

コーポラティブハウスに住んでいる人たちは、プロジェクトの募集を見て、申し込みをしてきた人たちです。

実際にコーポラティブハウスに住んでいる方のインタビューがありました。

 

分譲マンションとは違い、募集に申し込みをしてきた人たちが、組合を作って自分たちの暮らし方やコミュニテイのきまりごとを決めることができるんですね~♪

まとめ

この記事では、「隣の家族は青く見える」のコーポラティブハウスについて調べてまとめてみました。

コーポラティブハウスは実在していました!!

 

住宅取得の一つの方法として展開されているのですね。

まだまだ聞きなれない言葉ですが、今後全国展開されれば多くの人に知られてきますよね。

 

「隣の家族は青く見える」のコーポラティブハウスが少し理解できました♪

動画配信情報一覧!

『隣の家族は青く見える』 動画1話

『隣の家族は青く見える』 動画10話←現在最新話

『隣の家族は青く見える』動画を無料で見れる?PandoraとDailymotionは?

関連記事一覧はこちら!

『隣の家族は青く見える』の原作はある?脚本家はだれなのか!

『隣の家族は青く見える』のキャストを一覧で紹介! 深田恭子の役柄は?

『隣の家族は青く見える』のラスト結末をネタバレ!あらすじも紹介!

隣の家族は青く見えるの留美役は橋本マナミ!役柄や評判は?

隣の家族は青く見えるの深雪役は真飛聖!役柄や演技力の評判は?

『隣の家族は青く見える』のコーポラディハウスは実在する?どんな人が住んでいるのか?

隣の家族は青く見える パジャマのブランドはどこ?深キョン・メアリージュン

隣の家族は青く見える 男同士カップルの馴れ初めや結婚は?ゲイカップルが衝撃的過ぎると話題に!

隣の家族は青く見える 家の間取りは?何部屋ずつあるのか?